自然素材リフォーム

自然素材を用いた空間は、家の中で木の香りを感じ、森林浴をしているような心地よさを感じられ、まるで自然の中で暮らしているような心地よさを体感することが出来ます。 無垢材のフローリングは素足で歩くと無垢材独特の柔らかい肌触りがあり、季節を通して心地よさを感じることができます。
塗り壁材の珪藻土を使用した壁や天井は、素材自体が呼吸して、室内の湿度を調湿することで、1年を通じて快適になります。 また、シックハウス症候群やアレルギー・アトピーなど、健康に有害な物質のホルムアルデヒドを吸収分解するハイクリンボードを壁に使用することで、赤ちゃんや小さなお子様、お年寄りでも安心して暮らすことが出来ます。

質感の良い無垢の床材や、自然素材の塗り壁を使用して、見違えるほど上質な室内空間に仕上げます。ぜひモデルハウスで素材の質感をご確認ください。

自然素材塗り壁

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)で、ダイアトマイトともいいます。建材としては、昔からその高い保温性と程よい吸湿性を生かして壁土に使われていました。近年、自然素材への関心が高まるとともに、壁土への利用用途が見直され脚光をあびています。漆喰に似た外観に仕上げることが可能です。

無垢の床材

無垢の床材(フローリング)は、スライスや鋸挽きした板材(紙のように薄いものを含む)を重ね合わせた複層フローリングではなく、単一の木材から出来ている床材です。素足に触れる天然木の心地よさや温かみは、何物にも代えがたい価値を持っています。無垢の木質感が醸し出す本物の魅力は、歳月を経て深く変化を遂げる色合いや味となっていく傷の、愛着をより深めてくれます。