ひとりひとりの
お客さまに満足
してもらうために

営業石田政則

益田建設で働きたいと思った理由は?

ひとりひとりのお客さまに満足してもらうために

これまで飲食業界で13年。建築業界で働いた経験はありませんでした。
しかし、益田建設のホームページで社長が「常にお客さまの立場にたち、お客さまに100%の満足を……」と語っているのを読み、飲食業界も建築業界も同じではないかと。

ひとりひとりのお客さまに満足してもらうためにモノをつくる、そして、お客さまとお話をする接客業でもある営業職なら、自分のこれまでの経験も活かせるのではないかと思いました。

今、どんな仕事をしていますか?

お客さまの手足になり家づくりをサポートする

1年半前に入社して、営業(ハウジングアドバイザー)をしています。

モデルハウスにいらしたお客さまに他社とは違う特徴をお話したり、お客さまのご要望をお聞きしてプランや見積を作成したり……。

プランをつくる前には敷地調査をします。
敷地には、用途地域、建ぺい率・容積率、高さ制限、斜線制限など建築基準法や都市計画法などの法律による規制があります。不動産登記についても調べますし、水道・下水道・ガス・電気の配管などの有無なども……。市役所や法務局、水道局などに出向いてお客さまの敷地の資料を集めるのも営業の仕事です。

プランの作成には、お客さまのご要望をまとめたヒアリングシートをつくり設計にわたす、もしくは、営業がラフプランまで営業で作成して設計にわたす場合がありますね。プランができあがればそれを積算部にわたし、見積依頼をします。

できあがったプランや見積は、お客さまの要望が入っているか、間違いはないかなどチェックをします。

資金計画も大切な仕事ですね。家づくりにかかるお金は、建築費だけでなく、解体工事費、登記費用、税金など多岐にわたります。また、ローンをどう組むのかなど、やらなくてはならないことがたくさんあります。

こうした細々としたことごとをお客さまの手足になり家づくりをサポートしていくのが営業の仕事です。

仕事にやりがいを感じるときはどんな時ですか?

やはり、家が建ち、引き渡す、その瞬間ですね。

入社や応募を検討している方へメッセージ

仕事をしていく上で意識していること、大事にしていることは?

お客さまの家づくりへの大切な思いを預かっているわけですから、誠実でありたいと思っています。

益田建設で働いてよかったこと、益田建設ならではと感じたことは?

未経験者でも家づくりのプロになれるサポートがある

畑違いの仕事をしていたわけですから、本当に自分で勤まるのか不安がありました。でも、益田建設は、未経験でも家づくりのプロになれるサポートがあります。

料理も家も0から10をつくる仕事です。
食べるのも好きだけど、材料を集めるのも準備するのもつくるのも好きです。
家づくりも同じです。
資料集めに奔走したり、資金計画で頭を悩ましたり、やることはたくさんありますが、そのひとつひとつ、すべてが家づくりに必要なことですから、すべてが楽しい。
モノづくりって楽しくないことってありません。

飲食業よりいいところ……。それは、自分で仕事の流れをつくることができる、1日のスケジュールを組み立てることができるところですね。飲食業より時間の自由度が高いので、家族と過ごす時間と仕事の時間も、自分の裁量でコントロールできます。

今後の目標はなんですか?

まだまだ勉強不足。家づくりは奥が深く、幅も広い。
家づくりはその人ならではのこだわり、得意分野をもつこともできます。
知識や経験を積み、お客さまに的確なアドバイスができるようになりたいですね。

入社や応募を検討している方へメッセージをお願いします。

壁がない会社です。やってみたいという気持ちがあれば、サポートしてくれる会社です。

Profile

Profile
石田 政則 Masanori Ishida
2014年入社。営業(ハウジングアドバイザー)。
飲食業を13年経験後、建築業界は未経験で益田建設に入社。
エントリー
Tel.048−998−5511